鼠径ヘルニアの基礎知識|悪化すると手術が必要になる側弯症について

誰でもかかる可能性がある

ヘルニアの中でも少し特殊なヘルニアが鼠径ヘルニアです。誰でもかかる可能性のある鼠径ヘルニアについて今のうちに理解しておきましょう。

鼠径ヘルニアの手術方法

バッシーニ手術

従来から一般的な手術方法です。人口補強材を使わないというメリットはありますが、術後は安静にし、身体を休ませる期間を設ける必要があります。

メッシュ手術

メッシュを利用した手術がメッシュ手術です。再発が少なく、術後の痛みやつっぱりをほとんど感じません。またすぐに日常生活を送ることが可能です。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術

全身麻酔が必要な手術が腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術です。こちらも術後の痛みやつっぱりをほとんど感じません。他の手術方法に比べて費用が高くつきます。

鼠径ヘルニアの基礎知識

お腹

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアとは、通称「脱腸」ともいわれており、お腹の中にある小腸などの内臓類が太もものつけ根の間から出てくる病気です。小さな子どもから高齢者まで幅広い年齢層の方がこの鼠径ヘルニアにかかる可能性があります。

鼠径ヘルニアの初期症状

鼠径ヘルニアの初期症状は、太ももへのつっぱり感や引っ張られる感覚、違和感などが挙げられます。初期症状の時期は、太ももつけ根の鼠径部にふくらみが出てきても押すと元に戻ります。この時期に手術を行えばすぐにでも治すことが可能です。

さらに悪化すると

鼠径ヘルニアがさらに悪化すると、押すと元に戻っていた膨らみが固くなり、押しても元に戻らなくなります。また違和感で済んでいたものが強い痛みに変わり、吐き気を感じる場合もあります。すぐにでも病院へ行く必要があります。

早めに病院へ

鼠径ヘルニアは、放っておくと内臓が外に飛び出したまま元に戻らなくなってしまうカントンという病気になってしまいます。また、薬や体操で治る病気ではありません。少しでも鼠径部に違和感があればすぐにでも病院へ相談に行きましょう。手術ですぐに治すことができます。

広告募集中