鼠径ヘルニアの手術|悪化すると手術が必要になる側弯症について

ヘルニアについて学ぼう

ヘルニアにはいくつかの種類があります。ヘルニアのそれぞれの種類と特徴を学びましょう。知識をみにつけておくと、もしものときに役に立つはずです。

代表的なヘルニアの種類

頚椎椎間板ヘルニア

最も有名なヘルニアが頚椎椎間板ヘルニアです。衝撃を吸収する役割を持っている椎間板に異常が起こることで痛みが発生するタイプのヘルニアです。

腰椎ヘルニア

初期段階は、腰痛の症状と同じですが、悪化すると足のしびれや痛みまで出てくるヘルニアがこの腰椎ヘルニアです。腰痛が悪化してきたらこの腰椎ヘルニアを疑いましょう。

鼠径ヘルニア

この鼠径ヘルニアは、腹部に負担がかかりやすい生活を送っている方が発症しやすいといわれています。そのため、サッカーも鼠径ヘルニアが起こりやすいスポーツとして有名です。

横隔膜ヘルニア

横隔膜の異常から起こるヘルニアが横隔膜ヘルニアです。先天的な異常で発症する方もいれば後天的な異常で発症する方もいます。治すためには、外科で手術をしなければいけません。

鼠径ヘルニアの手術

患者

鼠径ヘルニアが発症しやすい人

鼠径へルニアは、日常的にお腹に大きな負担をかける方がかかりやすい病気として知られています。重たいものを持ち上げる仕事や、立ち仕事が多い方に起こりやすい病気です。また、よく咳をしたり、タバコを吸う方、便秘症の方も注意が必要です。

鼠径ヘルニアは予防できるか

鼠径ヘルニアは、筋肉が弱くなることで起こる病気ですが、筋肉を強くするために過度な筋力トレーニングなどはかえって逆効果になってしまいます。ウォーキングやジョギングなど健康的な適度な運動が予防には最適です。

メッシュ手術の内容

メッシュでの手術は他の手術に比べてもメリットは多めで、現在の鼠径ヘルニア手術では最も一般的です。この手術は、弱くなった筋肉を人口の補強材を使うことで強くし、鼠径ヘルニアを治します。術後すぐに日常生活を送ることができます。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術の内容

1990年代に開発された手術方法がこの腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術です。こちらも補強材を使うことで鼠径ヘルニアを治します。この手術には、術後のキズが小さく済むメリットがあります。そのため術後の跡が気になる方には最適な手術方法になります。

広告募集中