側弯症に効く運動ベスト3

no.1

水泳

側弯症の予防に効く運動ベスト一位は、「水泳」です。身体全体を動かし、キレイな姿勢が重要になる水泳は、脊柱の曲がりを抑え、側弯症になりにくくなる効果があります。

no.2

バレエ

水泳の次に側弯症に効果的な運動がバレエです。バレエは数あるダンスの中でも姿勢が重要視され、身体のネジリも多いので、側弯症の予防には最適な運動になります。

no.3

ヨガ

側弯症の予防に効く運動第三位が「ヨガ」です。ヨガは身体の歪みを直すにはうってつけのエクササイズといえるでしょう。ヨガを定期的に行い側弯症知らずの身体を手に入れましょう。

側弯症の手術

握手

前方法手術

側弯症の手術には前方法と後方法の2種類があります。前方法手術について説明します。前方法手術は、椎体や椎間板などの背骨の前側を実際に触ることで背骨を矯正する手術方法です。矯正する椎間板を切除して肋骨を移植します。

後方法手術

背中から手術をする方法が後方法手術です。椎弓根スクリューとロッドという道具を使用します。この2つの道具を使用して背骨のカーブを直していきます。こちらも骨の移植が必要です。この骨の移植は、右の骨盤の骨を移植するケースがほとんどです。

側弯症手術についての質問

手術の骨移植の目的は?

側弯症手術の骨移植は、主に骨癒合を目的としています。骨を移植することで骨の形成が進み、最終的にはくっついて1つの骨となります。

手術にかかる時間は?

側弯症の手術時間は、症状のレベルによっても変わります。短い場合だと4時間程度、長い場合だと12時間以上かかることもあります。

術後は痛い?

側弯症の手術は、ほとんどの場合術後に大きな痛みを伴います。そのため術後数日は病院で安静にする必要があります。一般的には、術後2~3週間で日常生活を送ることができるようになります。

広告募集中